のぐらいふ

のたりのたりのぶろぐ

映画【タクシー運転手】あらすじ・感想・主なキャスト

タクシー運転手

            タクシー運転手 約束は海を越えて [Blu-ray]

実在した人物をモチーフに1980年5月に起きた光州事件を、取材した外国人記者と彼を乗せたタクシー運転手の目線で描いたヒューマンドラマ

 あらすじ

1980年5月、ソウルのタクシー運転手マンソプは大金につられ、外国人を光州まで乗せることに。しかし光州に近づくにつれ只ならぬ雰囲気に気づく。その頃には乗客が記者だということにも気づき、厄介なことに巻き込まれるのは御免とマンソプは記者を光州に降ろし報酬の半額だけを受けとりソウルの娘の元に引き返そうとする。しかし再び記者と遭遇。行動を共にする内に信じがたい光景を目の当たりにする。

感想

泣きました。

公式HPで「歴史上の偉人が成し遂げた大きな事柄ではなく、

普通の人々の小さな決断と勇気が積み重なり何かが成し遂げられるといった、

近くで見ていなければ知り得ない事柄を描きたかった」

と語るチャン・フン監督。

光州初日のタクシー運転手の何かを察しながらもどこか呑気な様子。

事情がわからない、いったい何が起こっているのかわからないという感じが伝わってきます。

そしてタクシー運転手が泣きながら葛藤するシーンを皮切りに、

後半の緊迫した場面は、

リュ・ジュンヨル演じる大学生や

ユ・ヘジン演じる光州のタクシー運転手など

人々の素朴な人柄も相まって号泣でした。

そして以前、戦場カメラマンの本を読んだことがあって、

その時の話とダブらせながら映画を見ていましたが、

最後に本物のユルゲン・ヒンツペーター記者が出てきて、

それがまた余韻を残します。

これはどこからが脚色なのかな?

いづれにしろ、人々のキャラクターや緩急あるストーリー展開はお見事でした。

タクシー運転手 約束は海を越えて [Blu-ray]

タクシー運転手 約束は海を越えて [Blu-ray]

 

主なキャスト

トーマス・クレッチマン戦場のピアニスト

ソン・ガンホ『王の運命 -歴史を変えた八日間-』

ユ・ヘジン『LUCK-KEY/ラッキー』

リュ・ジュンヨル『グローリーデイ』