のぐらいふ

のたりのたりのぶろぐ

【魔女の法廷】あらすじ・感想・主なキャスト

魔女の法廷

            魔女の法廷 DVD-SET1

2017 KBSベストカップル賞、女性最優秀賞受賞 チョン・リョウォン×ユン・ヒョンミン主演の法廷劇

 あらすじ

女手ひとつで娘を養うヨンシルはある事件の証拠を持って担当検事ジスクに会いに行き失踪。そうとは知らず娘のイドゥムは帰って来ない母を待ちながら時は過ぎ、手掛かりを見つけるため検事となる。そんなある日、イドゥムは上司のセクハラを目撃。それがきっかけで「女性・児童被害対策部」に異動を命じられてしまう。出世が遠のき落胆するイドゥム。更に部署には関わりたくないと思っていた隣人、ヨ・ジヌク検事がいた

感想

法廷ものですが、

主役イドゥムのキャラが立っていて、

それが面白さに繋がっていていました。

上司に言いたい放題のイドゥムが痛快。

ここでまず掴まれました。

さらに冒頭に出てくるチョ・ガプスとの対決までに、

いくつかの事件を挟むのですが、

手段を選ばない検事イドゥムが型破り。

そして忘れた頃に笑いを織り交ぜテンポもよかったです。

ときおり見せるイドゥムの勘違いがかわいかった(笑)

自信満々のイケてる女には笑えました。

法廷もので特に題材が性犯罪とあってしんどいかなぁと

心配しておりましたが、

様々な性犯罪を問題としてちゃんと取り上げながらも、

見る人に配慮されている感じがしました。

一方、宿敵チョ・ガプスとの対決も一筋縄ではいかず、

最後まで練りに練った展開を見せてくれました。

且つ、例によって最終的には権力対決?と思わせて、

そこはサラッと流してくれていました。

「トンネル」が記憶に新しいユン・ヒョンミン演じるジヌクとの

恋愛事情も話の邪魔をせず◎

そしてしっかり2017 KBSベストカップル賞獲得(笑)

総じて、際立ったキャラに引き込まれ一気に観ることができたドラマでした。

演出 キム・ヨンギュン(メリーは外出中)
脚本 チョン・ドユン(童顔美女)

主なキャスト

チョン・リョウォン「油っぽいメロ」

ユン・ヒョンミン「グッドワイフ」

チョン・グァンリョル「オクニョ」

キム・ヨジン「イ・サン」