のぐらいふ

のたりのたりのぶろぐ

映画【ボブという名の猫 ~幸せのハイタッチ~】で号泣

ボブという名の猫~幸せのハイタッチ

           ボブという名の猫 幸せのハイタッチ Blu-ray

英国王のスピーチ』の制作陣が送る感動の実話

 概要

薬物依存から抜け出せずその日暮らしのジェームスの元にある日一匹の茶トラが迷い込んで来る。以来ジェームスとボブはどこに行くにも一緒。世間から注目を集めるようになる中でジェームスは依存克服を決意する

感想

イギリスでベストセラーになった書籍を映画化。

心優しい青年ジェームズとボブと名付けられえた迷い猫の実話で、映画に出てくる猫は本物のボブなのだそうです。

このボブがまぁ、おりこうさん。

役者肌でもあるのか、いろんな場面で驚かされます。

そしてボブが来日した時の記事をみつけました。

dot.asahi.com

ボブは「人を怖がらず、乗り物や街中の騒音にも動じなかった」そうですが、飛行機にも乗れるなんて!

むかし、飼い主の女性と世界を旅する猫の記事を見たことがあって、その時の猫も女性の肩に乗って旅をしていたのを思い出しました。

嘗てわたしが飼っていた猫などは飛行機でおもらし、車の中でおもらしの恐がりさんだったけれど(笑)

そして映画ですが、

前半、ジェームスの孤独とひもじさが映像からひしひしと伝わってきました。

けれど彼はとても優しくそして純粋。

でも人生は時に残酷で、彼に希望が見え始めるといつも奈落に落とされるような、心ない出来事が降りかかります。

傷ついた心がジェームスを傷つけます。

けれどボブの存在のおかげでジェームスの心にも変化が。

初めはなんだか遣り切れない展開でしたが、

お父さんの告白に号泣し、ジェームスに寄り添うボブに号泣でした。

 

原作&続編

ボブという名のストリート・キャット

ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険