のぐらいふ

のたりのたりのぶろぐ

韓国映画【あの日、兄貴が灯した光】感想・あらすじ

「あの日、兄貴が灯した光」

          【Amazon.co.jp限定】あの日、兄貴が灯した光 *コンプリートBlu-rayエディション(オリジナルブロマイド(L判)付)

チョ・ジョンソク、D.O.(EXO)が兄弟を演じるハートフルドラマ

あらすじ

 ドゥヨン(D.O.)は柔道の試合の最中に頭を打ち失明。家に閉じこもる生活を送っていた。その頃、兄のドゥシク(チョ・ジョンソク)は詐欺の罪で塀の中。弟の事故を利用し仮釈放を願い出、15年ぶり兄弟は再会する。

感想

脚本はユ・ヨンア。

「7番房の奇跡」の方。

とても好きな映画だったので今作も楽しみにしていました。

物語は両親を亡くし仲が悪かった二人が心通わせるというもの。

視力を失い引き籠る弟にD.O.(EXO)。

初心な感じの役がとてもよかったです。

そして詐欺で服役中だった兄に「嫉妬の化身」のチョ・ジュンソン。

品があるお顔立ちだからか、悪い男の役も可愛く感じました(笑)

更にコーチの役に「ドクターズ」のパク・シネと豪華主演陣。

序盤、物語は淡々と進み、それが何か起りそうな期待を煽ります。

それから中盤。

兄のこれまで抱いていた誤解がとけるあたりはうるっとしました。

ただ、韓国映画「キム・ソンダル」やなんかもそうですが最後が惜しい。

こちらは起承転結の転あたりから韓流らしい展開。

盛ります。

そしてあのクライマックス(汗

「あの日、兄貴が灯した光」はどちらかというと、迫り来る感動というより、ちょっぴり切なく、そしてほっこりとさせられる優しいストーリー。

切ないけれど号泣はなかったです。

とはいえ、中盤の兄弟の距離が縮まる過程はよかったです。

主なキャスト

チョ・ジョンソク「建築学概論」(映画)

D.O.(EXO)「純情」(映画)

パク・シネ「七番房の奇跡」(映画)