のぐらいふ

のたりのたりのぶろぐ

「聖の青春」願うことはこれから僕の思い描いた絵の通りに現実が進んで行くことだ

聖の青春

           聖の青春 (角川文庫)

村山聖棋士。幼い頃に難病を抱え29才でその生涯をとじる。口癖は「名人になって早く将棋を辞めたい」だった。

 感想

村山が詰むといえば詰む、詰まないといえば詰まない。
終盤は村山に聞け、そんな伝説が生まれたそうです。
将棋を知らないわたしでも鳥肌が立ちました。
ページをめくる度、怪童丸と呼ばれた天才棋士の逸話のひとつひとつに圧倒されていました。
友情やそこに伴う葛藤、はたまた棋士の抱えるプレッシャー、様々な人との関係性、そして人気者たる所以、情熱、大人への不信感・・。
エピソードのひとつひとつから村山聖が薫り立っていて、その源に触れることもできました。
読みながらティッシュが離せませんでした。

彼の人間性に触れる度、熱いものが込み上げてくるのです。


もうこれ以上言葉を重ねるのが野暮だと思うほど、いい本でした。

 

それより、

Q行ってみたい場所は?
A宇宙以前

これってどういう意味なのでしょう。

この答えがわたしに憑いて離れない。

 

 

アマゾンで映画を観る